書き込み英語道場 秋合宿2019

10月の英検ライティング対策に最適!
合宿期間中に最大7トピックの初稿と清書=計14本の英作文
+毎日2本のコメントに挑戦して、
英語表現技能の向上を実感してください!

本来有料の英文添削サービスが、
合宿期間中は最大7回無料!
手書きの添削が添付メールで返ってくる!

添削見本
丁寧かつ分かりやすい添削を無料であなたへ送り返します!
14日間、励んでみませんか?

 書き込み英語道場では、あなたの英語表現技能を向上させるため、「稽古」と称して、14日間を目安とする英文書き込みを推奨しています。

 このたび、10月の英検を控え、技能向上をあなた自身に実感していただきたく、「秋合宿2019」を企画いたしました。

 合宿開催期間は1ヶ月間ですが、その期間中、あなたのご都合でいつでも合宿スタートして、最大7トピックについて、初稿と、添削稿受領後の清書の作成の2回、つまり7×2=14回の英作文のトレーニングを実習していただくことで、都合14日間毎日書き込みされたのと同等の効果を得ていただこうとする企画です。

 参加無料で、あなたの英作文を無料添削いたします(本来は有料のサービスです)。道場生であれば誰でも、期間中いつでも参加可能です! 道場生でない方は、入門(かんたん無料登録)を済ませたらすぐ参加できます!

 英検受験予定の方も、そうでない方も、この機会にご自身の英語アウトプット技能をお磨きください!

◆申込受付期間:9月1日(日)~9月30日(月)

◆合宿開始日:受付期間中なら、いつから始めていただいてもOK!

◆合宿終了日:9月30日までに提出されたトピックの清書を「けいこ部屋」に投稿した日。


◆合宿の流れ

1.【部屋を決める】

 あなたが、ご自分のレベルや挑戦する英検の級に応じて、合宿中ご自分が所属する「けいこ部屋(掲示板)」を決め、下のトピックリストをダウンロード、もしくは、各部屋共通トピックリストhtmlページでトピックを参照します。

 白帯→3級、黄帯→準2級、茶帯→2級、黒帯→準1級におおむね対応しています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

2 .【初稿を送信】

 あなたが決めたけいこ部屋に対応した、合宿用の7つの「トピックリスト」から、最初のトピックを選んで、英作文をし、それ(初稿)を、英語道場の世話人宛てにメール送信します。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

3.【コメントを書き込む】

 初稿が添削されるのを待つ間に、あなたが、「けいこ部屋(掲示板)」の他の道場生の書き込み(どれでもよい)に、あなた自身のコメントを、英語で2件以上書き込みます(これも、あなた自身の合宿トレーニングメニューの一つです)。

 これが、あなたが添削稿を受け取る条件になります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

4.【清書の投稿】

 世話人によって、あなたの2件以上のコメントが確認されたら、添削稿があなたへ返信されてきます。

 あなたは、それを参考に、同じトピックで再度英作し(清書)、その清書を、けいこ部屋の当該トピックのところに投稿します。

 これで1順完了です。

 あなたは、リストから「次のトピック」を選び、同様の手順で英作文のトレーニングへとお進みください。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

5.【繰り返す】

 あなたが、期間中にいくつのトピックを練習できるかは、あなたが合宿に参加した時期によります。

 最初から参加された場合には、道場が用意する7つのトピック全てを練習できるかもしれません。

 一方、サボりサボり進めた方や、9月の終盤に参加された方は、たった1題しか練習できないかもしれませんが、客観的に添削されることで、あなたの英語表現技能は多少なりとも向上するはずです。

 これがこの合宿の目的です。


実感してください

◆ルール 

1.道場生になっていない方は、まず入門(簡単登録)して道場生になってください。合宿は道場生のみ参加できます。入門は、こちら「ことだま英語道場への入門の書」 から。

2.自分のレベルに合った1つのけいこ部屋(掲示板)をご自身で決めてください。合宿中はそのけいこ部屋に固定して課題に取り組んでいただきます。合宿中、複数のけいこ部屋にまたがってトピックに取り組むことはご遠慮ください。

 けいこ部屋を英検の受験級で選ぶ場合、3級→白帯衆の部屋、準2級→黄帯衆の部屋、2級→茶帯衆の部屋、準1級→黒帯衆の部屋、が目安になります。けいこ部屋の詳しいレベル設定については、こちら「4つの「けいこ部屋」レベル目安表」をご覧ください。

3.自分で決めたけいこ部屋へ行くと、合宿用の7つのトピックが用意されています。その中からお好きな1つのトピックを、最初に取り組む課題として英作文してください。

 ※ お好きなトピックを1つだけ選んで取り組んでください。 複数のトピックに対する英作文をまとめて作成して添付・送信することは禁止です。

 パソコン環境の方は、―――①メールに直接書き込み、または 、②Windowsのメモ帳、MS Word、それに準ずるフォーマットのいずれかで完成させた英文―――を 添付メールにて、ことだま英語道場公式メールアドレスに送信してください。スマホ環境の方は、メール本文での英作文の送信も可とします。

※メールのタイトルに次の情報を入れてください:①道場生名(登録したお名前・ハンドルネーム)②トピック番号

※英作文送信先e-mailアドレス:  gasshuku●kotodama-ed.jp  ●を@に変えて送信してください。

4.添削を受け取るためには、他の道場生による既存の書き込みに最低2件、コメントを投稿してください。これは合宿における技能向上のためのトレーニングのひとつなので、初稿を提出するたび、毎回必須です。世話人が、あなたのコメント2件以上を確認できたら、添削稿が返信されてきます。コメント投稿のやり方については、こちら「書き込みマニュアル/ガイドライン」

5.添削稿を確認したら、それを参考に、同じトピックで清書してください。清書はメール送信するのではなく、けいこ部屋の当該トピックをプルダウンで選んで書き込み投稿していただきます。この、清書の投稿が、次のお題の添削を受ける条件となりますので、必ず投稿してください。 清書投稿のやり方についても、こちら「書き込みマニュアル/ガイドライン」

※当合宿における「添削」は、道場生が作成した英文を、最大限生かしながら 、その道場生のレベルに合わせて アドバイスをしていく作業と考えています。よって添削後の英文が100%正確であることを保証するものではないことをあらかじめご了解ください。


 不明な点は、道場にお問い合わせください。
「ご意見やお問い合わせ」https://ws.formzu.net/fgen/S87685772/