4つの「けいこ部屋」レベル目安表

書き込み英語道場は、道場生のレベルに応じて、白帯、黄帯、茶帯、黒帯の4つの「けいこ部屋」を設置しています。道場生(会員登録済み)の方なら、どのけいこ部屋へも書き込みできますが、各部屋のおおよそのレベルを下のように想定していますので、参考にしてください。

※日本の学制によるレベルのほか、参考として実用英語検定(英検®)の級分けを例示しました。
※高校の「初級・中級・上級」は、高校のレベルやコースによって異なる英語の想定習得レベルを表しているものであり、学年を意味しません。


白帯衆のけいこ部屋(入門)
The Training Room for the White-Belts(Introductory Level)

(画像)白帯衆のけいこ部屋への入口
  • 【想定される英作文レベル】 基礎英文法の学習過程にあり、語彙も数百程度。シンプルな英文を、お手本を参考に書くことができる。

  • 【想定される英語の習得レベル】 中学初級修了程度 。

  • 【英検級】 5級・4級には合格済みで、次に3級を目指す。

  • 【CSEスコア(4技能計)】 700を超えて1400へ。

黄帯衆のけいこ部屋(初級)
The Training Room for the Yellow-Belts(Elementary Level)

  • 【想定される英作文レベル】 身の周りのかなり限定された条件においては、シンプルな英文を作成できる。

  • 【想定される英語の習得レベル】 高校初級~中級程度。

  • 【英検級】 3級には合格済みで、次に準2級を目指す。

  • 【CSEスコア(4技能計)】 1400を超えて1700へ。
(画像)黄帯衆のけいこ部屋への入口

茶帯衆のけいこ部屋(中級)
The Training Room for the Brown-Belts(Intermediate Level)

(画像)茶帯衆のけいこ部屋への入口
  • 【想定される英作文レベル】 英語で自由に発信するための知識は備わっているものの、それらをうまく表現に生かす訓練が不足しているため、単調になりがち。意識的、かつ積極的にあらゆる語彙、文法、構文を試していくことで、成長が期待できる。

  • 【想定される英語の習得レベル】 高校中級~上級程度。

  • 【英検級】 準2級には合格済みで、次に2級を目指す。

  • 【CSEスコア(4技能計)】 1750を超えて2000へ。

  • (参考)【CEFR】 A2
    (参考)【TOEICL-R】 350-400

黒帯衆のけいこ部屋(上級)
The Training Room for the Black-Belts(Higher Level)

  • 【想定される英作文レベル】 多少の語彙文法的間違いがあるにせよ、英語でおおよそ自分の意見を述べたり、出来事を英語で説明することができる。またはそれ以上。

  • 【想定される英語の習得レベル】 高校上級以上。

  • 【英検級】 2級には合格済みで、次に準1級を目指す。

  • 【CSEスコア(4技能計)】 2000を超えて2300以上へ。

  • (参考)【CEFR】 B1
    (参考)【TOEICL-R】 400-550
(画像)黒帯衆のけいこ部屋への入口