書き込みマニュアル/ガイドライン

<目次>

「書き込み英語道場」のご利用にあたって、ご理解いただきたいこととお願い
  1. 入門(会員登録)のしかた
  2. トピックへの書き込みかた(投稿の)
  3. 投稿の編集と削除
  4. 他の道場生の投稿を応援しよう(レスポンス、メッセージを送る)
  5. Impressed a lot! について
  6. 道場日記への投稿、返信、編集・削除のしかた
  7. お聞きなされ 英語に関するQ&Aとは
  8. 書き込みにあたってのご注意


「書き込み英語道場」のご利用にあたって、ご理解いただきたいこととお願い

(道場長:古都田誠より)
道場長:古都田誠150x150

道場長の古都田誠でござる。書き込み英語道場へのご参加、改めて礼を申し上げる。

 さて、当道場を利用いただくにあたって、道場生の皆様にはいくつか理解しておいていただきたいことや、守っていただきたいルールがござる。これから投稿をたくさんして稽古に励んでもらいたいのじゃが、その前にぜひこちらをお読みくだされ。

1.ご登録いただいたメールアドレスへは「ご連絡メール」が送られます。

 ことだま英語道場は、オンライン型の「塾」でござる。もう一度申し上げる。ここは「塾」でござる。これは非常に重要なところなのじゃ。

 おぬしらは塾や教室に通われたことはおありか? なぜ塾や教室がこれほどまで世に浸透しているかお分かりか? その理由の一つは、「習慣化を支えてくれるから」でござる。

 おしなべて人間というのは「上手にはなりたいが、できるだけ練習はしたくない」との思いを抱いていて、すぐ楽な方に逃げてしまいがちなのだそうじゃ。「よしっ、やるぞ!」と決めたにもかかわらず、3日で嫌になるのも、ままある話。

 しかして、当道場が「いつでも自由に投稿してくだされ」という放任型のシステムならば、せっかく「英語表現力を磨こう!」と心に決めて当道場に入門しても、多くの者にとって、その決意は長くは続かぬのが目に見えておる。長く続かぬとなれば、せっかくの上達の機会も逃してしまうのじゃ。もったいない。

 英語も言語ゆえ、日本語と同じように毎日使い、読み物やメディアから新しい言葉を吸収していかねば維持上達は難しい。おぬしたちも本当はよくおわかりなのじゃろう。

 塾や教室に通うことで、学ぶ行為が習慣化されるゆえ、もし塾を休むことあらば、塾の先生とすれば、せっかくの習慣化がとぎれてしまうことを心配して「どうしていますか?」などと電話やメールが入るであろう? 

 同じように、われらもおぬしたちの習慣化をお助けしたい。そうした思いがあるゆえ、ご登録をいただいたアドレスに道場からメールを送信して、新しいTOPICをお知らせしたり、投稿を促すこともあるということをご理解いただきたい。

 これはことだま英語道場を選んでくださったおぬしたちへの小さな、じゃが、とても重要なご奉仕(サービス)だと考えてござる。

 メールの頻度は、多くても月に6回程度じゃ。ちなみに、それとは別の、「サイトからのお知らせ(メルマガ)」や「ご自分の投稿にレスが入った際の通知メール」の受け取りの可否は選択ができるようになっておる。

 

2.投稿の英文について:道場生同士の添削・アドバイスは禁止です!

 書き込み英語道場のけいこ部屋では、さまざまなお力(レベル)の道場生が英文を投稿なさる。

 道場生には、発信することを楽しみ、たくさんの英語を書いて他の道場生と交流をしていただきたい。

 そこで、特に中上級の道場生の方々へお願いなのじゃが、善意や親切心からであっても、他の道場生の書いた英文への添削、アドバイスはなさらないでいただきたいのじゃ。

 掲示板というのは公の場じゃ。そして、多くの道場生が自分の英語に不安を感じながらも頑張って投稿をしていただいておる。

 皆の前で間違いを指摘されてしまうと、次の投稿をいささか躊躇されるようになられるかもしれないと思うのじゃ。

 むしろ、がんばって英文を投稿したことへの勇気を尊重したたえ合い、間違いがある英文でも内容をくみ取って、気持ちのいいお返事を送り合ってこそ、お互いにいいところを盗み合い、楽しく学び成長できるのではないかとわしは思うのである。

 たくさんの仲間たちにエールを送れば、きっとおぬしたちの投稿にもたくさんのメッセージが返ってくることになろう。このいい相乗効果こそ、書き込み英語道場が目指すとこなのじゃ。ご理解くだされ。

 投稿に際してご理解いただたい道場のルールは以上でござる。

 では、ここからは世話人に任せるとしよう。わしは失礼いたす。

世話人:真奈美75x75世話人の真奈美です!これから道場長に代わって、もう少し詳しく書き込み道場の使い方の説明をいたします。ご不明な点等などがございましたら、いつでもメールでにてお問い合わせくださいませ。

目次に戻る


1.入門(会員登録)のしかた

  こちら(入門の書)から入り、ハンドルネーム、メールアドレス、(お好きな半角英数・12文字までの)パスワードをご入力ください。
自動で返信メッセージが届くと、正しく登録されたということがわかります。
返信メッセージが届かないときは、メールアドレスをよく確認してから再度入力してください。

世話人:真奈美75x75

 

返信メールが届いてもすぐに投稿はできませんの。再度、投稿が可能になったことをお知らせするメールが24時間以内に届きます。そうしましたら投稿をスタートさせてくださいませ。

  こちら(入門の書)から入り、ハンドルネーム、メールアドレス、(お好きな半角英数・12文字までの)パスワードをご入力ください。
自動で返信メッセージが届くと、正しく登録されたということがわかります。
返信メッセージが届かないときは、メールアドレスをよく確認してから再度入力してください。


世話人:真奈美75x75

 

返信メールが届いてもすぐに投稿はできませんの。再度、投稿が可能になったことをお知らせするメールが24時間以内に届きます。そうしましたら投稿をスタートさせてくださいませ。

目次に戻る

2.トピックへの書き込みかた(投稿のしかた)

・部屋への移動


(画像)白帯衆のけいこ部屋への入口

(画像)黄帯衆のけいこ部屋への入口

(画像)茶帯衆のけいこ部屋への入口

(画像)黒帯衆のけいこ部屋への入口
(画像)白帯ボタン (gif画像)黄帯ボタン (画像)茶帯ボタン (gif画像)黒帯ボタン

お好きな部屋を選び、その画像、またはリンクをクリックします。
お部屋それぞれをブックマーク(お気に入り登録)しておくこともお勧めいたします。

入力先、入力の手順(トピックに対する投稿編)

投稿① Name:登録されたハンドルネームを、全角・半角などお間違えのないように入力してください。

投稿② Topic:ドロップダウン形式となっています。回答するお好きなトピックを選んでください。

投稿③ Your Title:自由にタイトルを付けてください。入力は任意となっていますが、入力がない場合は、「No Subject」と表示されます。*Your title の枠内には、( ), 〈 〉, #などの記号は避け、英数(ピリオド、?、アポストロフィーはもちろんOKです)のみでの入力をお願いします。  

投稿④  Answer/Opinion:こちらが本文となります。トピックについての回答を英語でできるだけたくさん書いてみましょう。もちろん1-2行でもOKです。量には制約はありません。 

*おすすめ!⇒ Wordやメモ帳など、ご自身のコンピュータやスマホでテキスト入力ができるアプリやソフトに、記入(入力)し、それを貼り付けるようにするといいですわ。世話人:真奈美75x75直接オンラインの掲示板に長文を書き込んでしまわれますと、書き込んでいる最中に電波等の不具合等が起こり、せっかく書いたものが消えてしまうということにもなりかねません。手書きで手帳等におまとめになってから、それを掲示板に書き込むという方法もありますね。(消えた場合、再入力ということは避けられませんが、書き込む内容は手元に残ります)

投稿⑤ Upload(option):画像を投稿したいときは、こちらからアップロードすることができます。

投稿⑥:Password:入門(会員登録)時に決めていただいた、パスワードを必ず入力してください。
*パスワードがないものや、入門の際に登録してもらった名前とパスワードが合わないものは投稿できません。よくご確認ください。

投稿⑦:投稿:「投稿」ボタンをクリックして(押して)ください。「投稿」ボタンをクリックすると下記のような確認画面が表示されます。

投稿⑧: 確認のページで投稿の内容を確認してください。内容に問題がなければ、「投稿を実行する」というボタンをクリックし投稿が完了です。

世話人:真奈美75x75まれに、下記のように別の文字列を入力するように求められることがございます。あなた様の記事でお間違いないようでしたら、指示に従っていただいて(その文字列を入力)結構ですわ。スパム投稿に対する対応でございます。

目次に戻る

3. 投稿の編集と削除

投稿は、下記の手順で、編集・削除ができます。

世話人:真奈美75x75さっそくですが、ここでお願いがございます。すでにレス(他の道場生からのメッセージ)がついている投稿については、できれば削除をしてないでいただきたいです。英文の文法・構成上のミス程度であればどんな上級者の方でもなさいますわ。

編集・削除①: まず、投稿記事の右の方に、[  ]でかこまれた番号があります。それが記事の番号です。番号を確認したら、そのままページを一番下までスクロールしてください。Numberにその番号を、入力してください。 

編集・削除②: Passに登録されているパスワードを入力してください。    

編集・削除③: 編集したい場合は「編集」ボタンを、削除したい場合は「削除」ボタンをクリックしてください。下記のような確認の画面が表示されますので、内容を確認の上、「編集を実行する」「削除を実行する」というボタンをクリックしてください。

目次に戻る

4. 他の道場生の投稿を応援しよう(レスポンス、メッセージを送る)

道場生のみなさんが書いた記事(トピックについての投稿)に対して、返事や感想、応援メッセージを送ります。

最初の投稿は、このように引き出しのような形で並んでいます。

メッセージ①: 「Subject」をクリックすることで、投稿が開き、その記事を読むことができます。

世話人:真奈美75x75(引き出しの項目の説明――― Name: 最初の投稿者です。Subjectの一覧をクリックすると、その人の記事が開きます。Num.=Number:メッセージを送ってくれた人の人数です。Res. by=Response by:メッセージを送ってくれた人のうち、最新の人の名前です。D&T=Date&Time:最新のメッセージが入った日付と時刻です。)

メッセージ②: 「最新の投稿に対する返信用ページ」になっていることを確認してください。レスポンス、メッセージはこのページから送ることができます。

メッセージ③: 念のため、メッセージを送りたい記事が下に表示されているか確認してください。

メッセージ④: 入力の方法は、「2.トピックへの書き込みかた(投稿のしかた)」で説明の通りです。入力項目に少々違いがありますが、ここでは割愛とさせていただきます。入門(会員登録)時にご登録いただいたお名前とパスワードが合っていることを十分に確認ください。

目次に戻る

5. Impressed a lot! について

けいこ部屋や、道場日記に投稿された親記事には、Impressed a lot! というボタンがついています。書き込み英語道場の中での「いいね!」にあたるボタンです。読んだら、このボタンを押して、投稿者を励ましましょう。なお、だれがこのボタンを押したかの履歴は残りませんので、ご安心ください。

世話人:真奈美75x75もちろん、応援メッセージもお忘れなく、お願いいたします。

目次に戻る

6.「道場日記」への投稿、返信、編集・削除のしかた

道場日記は、レベルに関係なく、道場生の皆さんが自分の身の周りで起こったことや感じたことなどを投稿し合って、共有する場となっています。

(画像)日記ボタン


 上記のアイコンをクリック、またはトップページのこちらと同じアイコンをクリックして、お入りください。


道場日記では、投稿時の文字の色を選択できるようになっています。The color of letters よりお選びください。〇をクリックすると切り替わるようになっています。

その他の手順は、「2. トピックへの書き込み方(投稿の仕方)」とほとんど同じです。

返信時の手順は、一部異なるのでご紹介します。


「道場日記」では、投稿記事が引き出しにしまわれず、上記のように親記事とレス(返信・メッセージ)が並んで表示されます。よって、それぞれの記事に対してメッセージを送りたいときは、親記事の上の「返信」というリンクをクリックしてください。


「返信」をクリックすると、上記のようなページに飛びます。「このレスは下記の投稿への返信になります。」というお知らせを確認してください。

道場日記の投稿記事や返信メッセージ等の編集や削除の仕方については、「3.投稿の編集と削除」をご覧ください。

目次に戻る

7.「お聞きなされ 英語に関するQ&A」とは

Under construction .
Will be completed soon.

目次に戻る

8.書き込みにあたってのご注意

以下のような書き込みは決してしないよう、くれぐれもご注意ください。
・個人が特定される恐れのある情報
・複数の情報により個人が特定されうる複数の情報(例:風景が映りこんだ静止画に「自宅前にて」などというキャプションをつけると、自宅住所が特定されうる)。
・許可を得られていない第三者の個人情報(動画、静止画、音声等を含む)
・著作権が消滅していない創作物(文章、文、キャッチコピー、スローガン、動画、静止画、イラスト、漫画、図、グラフ、楽曲、歌詞、音声等)の無断投稿。
・他サイトや情報源からの無断引用

以下のような投稿は発見次第、予告なく、また投稿者に何ら理由を説明することなく、管理人(世話人)側で一方的に削除します。管理人による警告にも関わらず、同一あるいは類似の違反行為を繰り返した場合は、管理人は、破門など、規約に基づいた措置を取ることがあります。
・第三者を誹謗中傷する書き込み
・差別的書き込み
・トピックに無関係な書き込み
・スパム行為と推察される書き込み
・道場規約で禁止されている行為とみなされる書き込み

目次に戻る